概要

現代の情報社会では,身の回りに情報が溢れており,その煩わしさを軽減するためにアンビエントメディアの研究が進められている.本研究では,表示装置をより環境に溶け込ませるため,表示装置による情報の提示自体をそれと認識させない方法の開発を行っている.研究の初段として,時刻の表示をメダカとのコミュニケーションに見せかける「メダカ時計」を開発した.

発表論文

  • 蟻浪 卓, 鈴木 優. ペットとの擬似的なコミュニケーションを利用したアンビエントな表示装置の開発. インタラクション2017論文集, pp.722-725, 2017年. <論文pdf>

ギャラリー